情熱の国ブラジルへ行く

サッカーの開催国でもあるブラジルは、とても活気があり情熱の国でもあり人生の楽しみ方を知っている人達がいる国でもあります。 日本からブラジルへ行く場合、直行便などはなくアメリカやヨーロッパや中東などの第3国を経由して行くのが一般的な方法で、所要時間は乗り継ぎを含めて25時間からとなっています。 日本との時差はサマータイムなどもあり、12時間から14時間などで日本の裏側にあるブラジルは、旅行へ行く際には1週間は必ず必要になってきます。

公用語はポルトガル語ですが、英語を使えるのでホテルなどでは英語を話す事ができ、南半球のブラジルの夏は11月から4月で冬は5月から7月になり、熱帯地域では年間気温が25度から35度と高く、ほとんど1年を通して温かい国です。 ブラジルでの最大のお祭りイベントのリオのカーニバルは、2月下旬から開催されますが毎年各国から観光客が集まり、1000人規模のサンバチームが競い合い世界でも有名なイベントとして楽しめます。

海に囲まれた国のブラジルは、人々が穏やかで気候が一年中暖かいのが魅了的な国で、ブラジルの重要な玄関口とのひとつのリオデジャネイロでは、ビーチリゾートを兼ね備えたブラジルの湾岸都市です。 混じり合う多種多様な文化の独特な雰囲気を楽しむ事ができ、日系の日本人なども多いために日本人街などもあり、日本食レストランやマーケットなどで、日本の商品を購入する事ができます。

沢山の観光地があるブラジルでは、アクティブにビーチで楽しむ事もでき、イグアス国立公園やパンタナール大湿原などの自然遺産やブラジリアやオーロプレットなどの文化遺産など、多くの世界遺産を楽しむ事ができます。 さまざまな体験をする楽しむ事ができて、生命の宝庫とも言われているアマゾンの密林地帯などでは、日本では見た事もない生物などが、近くで見る事ができたりとツアーなどにも参加する事ができます。

近年では個人旅行は勿論、ツアーなどでさまざまなオプションなどがついていて、1年中楽しむ事ができるブラジルは、世界遺産を見たり現地の食事を楽しんだり、大規模なリオのカーニバルを見たりと沢山のツアーがあり用途やニーズに合ったツアーで安全に旅行をする事が出来ます。 大自然の中にある国として、海が綺麗で人々も優しく情熱的な国としてたくさんの楽しみが体験できる国でもあり、今ではサッカーの開催国として世界各国から沢山の人々が訪れている国です。

オススメサイト

バンコク満員御礼ホテル
バックパッカーにおすすめの安宿も多数掲載しているタイのホテル予約サイト

オリジナルウエディングは場所を
場所を選ばないで式を

スマホは急速充電に対応した機種じゃないと
10分だけの充電で何時間使える?気になる情報が満載

お得な沖縄旅行は航空券もセットのツアーで
{沖縄旅予約.com}でならオプションツアー特典があるものも

中学・高校留学は《アルファ留学アカデミー》
英語の能力向上はもちろん、人間的な成長を促します!

ページのトップへ戻る